お知らせ

スタンダードコンクリートマイク

001

スタンダードコンクリートマイク  (001)

定価(税込)
¥1,000
販売価格(税込)
¥1,000
在庫状態 : 在庫有り

特徴

コンクリートマイクの原理を別のものに例えるなら、病院などで診察の際に使われている「聴診器」です。聴診器は、心臓の鼓動や呼吸音といったわずかな音を増幅して捉えることで、身体の内部の様子をうかがい知ることができます。

同じようにコンクリートマイクもまた、壁越しの小さな音声や会話を電気的に増幅することによって、人間の耳ではっきりと聞き取れるようにする装置です。言うなれば、機械の力を借りて聴覚を極限まで研ぎ澄ませているようなものです。

コンクリートマイクは見た目も聴診器によく似ています。部品構成をおおまかに分けると、壁に押し当てる収音器(マイク)、音を増幅するアンプ、そして増幅した音を耳に伝えるスピーカーの3つです。

人間の耳ではかすかにも聞こえないような分厚い壁の向こうの音でも、コンクリートマイクなら聞き取れる可能性があります。それは、コンクリートマイクが壁の「振動」をキャッチしているためです。

「音」というのは空気を伝わる振動のことなので、音源の近くにあるものは震えます。適当なコピー用紙やうちわに向かって声を出すと、振動がよくわかるのではないでしょうか。この現象は壁や天井などにおいても同様で、部屋の中で音を立てれば必ずその部屋の壁は振動します。

その振動は、多くの場合人間の五感では捉えられないようなごくわずかなものです。しかし硬い壁に発生した振動は壁の向こう側、つまり部屋の外にまで伝わります。コンクリートマイクがその振動をキャッチできれば、振動を音声に変換して聞き取れるというわけです。

本製品はもっともスタンダートなタイプのコンクリートマイクです。収音器、アンプ、イヤホンのセットになっています。

使い方

  1. 準備 コンクリートマイク本体の「EP」にイヤホン。「MIC」にマイクロホンを接続します。
  2. 本体上面の電源音量ボリュームのツマミを右にまわすとカチッとして電源が入ります。音量ボリュームに気を付けながら、拡大された音声を聞きます。
  3. 使い終わったら忘れずに電源スイッチを切ってください。
  4. 録音もできます。本体の「T.R」に録音機と接続すれば録音もできます。

コンクリートマイクは壁を伝わる振動を、直接壁に当てて聞く盗聴です。

追加1日毎¥1,000
※掲載価格は税抜価格です。

数量

お知らせ一覧へ戻る